審査員からのメッセージ

まつもとゆきひろ 一般財団法人Rubyアソシエーション 理事長

まつもとゆきひろ氏画像

経歴

プログラミング言語Rubyの生みの親。
1993年(平成5年)から開発を始めたRubyは、その後、手軽なオブジェクト指向スクリプト言語として日本国内外に普及した。
株式会社ネットワーク応用通信研究所フェロー、Rubyアソシエーション理事長、楽天株式会社楽天技術研究所フェロー、Herokuチーフアーキテクトなど、肩書多数。
島根県松江市在住、松江市名誉市民。

メッセージ

インターネットの発達で、若い人たちのコンピューターへの接し方が極端に二分化されました。ただ単にユーザーとしてコンピューターを利用する大多数の人たちと、プログラミングを通じてコンピューターの持つ無限の可能性を引き出す人たちです。本コンテストの参加者は貴重な後者です。彼らの無限の可能性を応援したいと思っています。

野田 哲夫 島根大学Ruby・OSSプロジェクトセンター長 教授

野田 哲夫氏画像

経歴

一橋大学大学院経済学研究科博士課程修了
島根大学法文学部教授
専門は情報経済学 IT、特にオープンソースの経済効果について研究。島根県松江市でRuby City Matsue Projectの立ち上げに関わる。
しまねOSS協議会副会長
総務省地域情報化アドバイザー

メッセージ

中高生のみなさん、私は経済学・経営学を勉強していますが、中学校・高校の時に学んだプログラミングの知識(当時はFortranでしたが・・・)の知識が今の仕事に大いに役立っています。Matzのようなハッカーももちろんですが、今後はもっと、いろんな分野でプログラミングの知識が必要とされる時代になってきます。みなさんのチャレンジでぜひ新しい時代、プログラミングが花開く時代を切り開いてください!

田中 和明 九州工業大学大学院情報工学研究院 機械情報工学研究系准教授

田中 和明氏画像

経歴

mruby, mruby/cの開発者
大学では組込みソフトウェアの研究に従事している。九州工業大学の准教授として機械と情報の双方の分野における先端技術の開発に従事
(専門分野)
 ・知能機械学・機械システム
 ・仮想現実感 (Virtual Reality)
 ・データベース・システム
Rubyアソシエーション 理事
軽量Rubyフォーラム 理事
福岡Rubyビジネス拠点推進会議
情報処理学会

メッセージ

みなさんは自転車に乗れますか? プログラミングは、自転車に乗るスキルに似たところがあると思います。自転車に乗るのが上手か下手かの違いはあるかもしれませんが、どちらでも自転車という道具を使うことができます。プログラミングで、私たちはコンピュータを使えるようになります。プログラミングに早くから親しんでおくことで、さまざまなことにコンピュータを活用できるようになります。皆さんのチャレンジに期待しています。

笹田 耕一 クックパッド株式会社

笹田 耕一氏画像

経歴

Rubyのエンジン部分であるVM(仮想マシン)「YARV(ヤルヴ)」の開発者。
~2013年:東大大学院情報理工学系研究科 講師
2013~2017年: Ruby,Java,Node.jsやその他の言語を利用したアプリケーションを構築、展開、実行するためのクラウド・プラットフォームRuby PaaS(Platform as a Service)を提供するベンダー「Heroku, Inc.」に所属しRubyの開発に専念。
2017年~:現職
Rubyアソシエーション理事
2016年「東京Ruby会議11」実行委員長
楽天テクノロジーアワード2008 Ruby賞
The Ruby Hero Awards 2016等受賞

メッセージ

あなたの目の前にある、そしてそこら中にあるコンピューターは、プログラムによって動いています。このプログラム、わかってしまえば、皆さんにも簡単に作れます。世の中のコンピューターを操ってみたくありませんか? 難しそう? きっかけが見つからない? では、中高生国際Rubyプログラミングコンテストに向けてプログラムを作って、応募してみませんか。やってみると、意外と簡単で面白いかもしれませんよ。

正村 勉 日本郵政株式会社 執行役

正村 勉氏画像

経歴

日本郵政株式会執行役
 ・システム部門グループIT統括部
       情報セキュリティ室長
1980年~2013年:(株)日立ソリューションズにてソフトウェア科学/工学の研究に従事。
 ・ソフトウェア開発の生産性向上に関する研究
 ・Rubyの普及推進(JIS化、ISO化に参画)
 ・Rubyセンタのセンタ長
 ・一般財団法人 Rubyアソシエーション 評議委員
2013年~:日本郵政株式会にてIT部門の統括責任者として現在に至る

メッセージ

私が初めて作ったプログラムは、自作ロボットの「腕」を動かすプログラムでした。学生時代でしたが、何度も徹夜をして、実際に動いた時は、とても感動しました。コンピュータは、プログラムのとおりに動きます。間違ったプログラムなら、間違った動き、正しいプログラムなら、正しい動きをします。プログラム作りは楽しいです。皆でプログラムを作れるようになって、コンピュータを自由に操ろう!

高橋 征義 一般社団法人日本Rubyの会 代表理事

高橋 征義氏画像

経歴

一般社団法人「日本Rubyの会」の設立者
Web制作会社にてプログラマとして勤務する傍ら、2004年にRubyの開発者と利用者を支援する団体、「日本Rubyの会」を設立、現在まで代表を務める。
2010年にITエンジニア向けの技術系電子書籍の制作と販売を行う株式会社達人出版会を設立、現代表取締役。
また、高橋氏の開発した独特なプレゼンテーション技法は「高橋メソッド」として広く知られている。

メッセージ

何にせよ、自分で作ってみるといろんなことがわかったりします。それはコンピュータのしくみだったり、音楽やグラフィックの面白さや難しさ、少しだけ変えたつもりだったのにバランスが崩れてしまって大変だったり、あるいはチームで作ろうとしてもみんな言うことを聞いてくれないとか。それだけに完成した時の喜びは大きいでしょう。幸いコンピュータは愚痴一つこぼさず付き合ってくれます。ぜひチャレンジしてみてください。

森 正弥 楽天株式会社 執行役員 兼 楽天技術研究所代表

森 正弥氏画像

経歴

楽天技術研究所 代表として世界5拠点(東京・NY・ボストン・パリ・シンガポール)の100名を超える研究者のマネジメントおよび人工知能戦略に従事。1998年:外資系コンサルティング会社アクセンチュア入社。製造業・官公庁を中心にIT戦略策定、先端技術研究所展開プロジェクトに従事。2006年:楽天に入社。
 Rubyアソシエーション評議員、日本データベース学会 理事、 企業情報化協会 常任幹事、APEC(アジア太平洋経済協力)プロジェクトアドバイザ様々な組織の顧問実績多数。 2013年:日経BP社 IT Pro にて「世界を元気にする100人」に選出。

メッセージ

昨今、皆さんが暮らす社会を便利にさせる、AIやIoT 等、新しい技術が話題です。これら技術はソフトウェアによりその価値が実現されており、それらはプログラミングすることによって作られます。プログラミングを学ぶことは、社会を豊かにさせることにつながります。皆さんのプログラミングへの挑戦が、ひいては世の中を良くしていきます。難しいことも沢山あると思いますが、チャレンジして素晴らしい未来を作っていきましょう。

山内 奏人 中高生国際Rubyプログラミングコンテスト2012 U-15の部最優秀賞受賞者

山内 奏人氏画像

経歴

2013年:子ども向けプログラミングワークショップ「It is IT」を企画し開催。
2014年:TEDxKids@Chiyodaに登壇し、「子供達による、子供達のための新しい学習スタイル」についてプレゼン。
2015年:中高生による中高生のためのハッカソン「INNOVATORS’ SUMMER」を企画、主催。
2015年:株式会社ラックによる若手エンジニアを応援するITスーパーエンジニア・サポートプログラム「すごうで 2015」「すごうで 2016」の支援対象者に選出。
2016年:NHK「プロフェッショナル仕事の流儀」に出演。
2016年:ウォルト株式会社(現ワンファイナンシャル株式会社)を創業。

メッセージ

私が小学生の時は、まだ子ども向けのプログラミング教室は東京にもほとんどなかったので、必死に図書館の本を読みあさっていました。そんな時、まちづくり三鷹の中高生Ruby教室を見つけ、小学生でも通わせえてもらえることになった時の喜びは、今でもよく覚えています。このプログラミングコンテストは、私にとって、その先に続く大きな世界の入口でした。ぜひ、みなさんも入口のドアをノックしてみてください。一緒にチャンレジしていきましょう。

(掲載順不同)